あやさとのこころ |感想
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑


2009年07月27日 [23:30] 感想 

ギレン暗殺計画

ギレン暗殺計画
 Ark Project

ガンダムに関連した漫画の中では間違いなく傑作。

個人的には今、一番期待して読んでいる漫画。
ガンダムを背景にしながら、前半はサスペンスをベースをして進み
MSは賑やかしでしかない。
政治の駆け引き、ジオン公国の過去からの因縁、未来への策謀。

ア・バオア・クーで死ぬことが判っているギレン・ザビ。
その暗殺計画をベースに、サイド3の中で展開される一連の事件の記録。
人物の描写もMSを初めとするメカの描写も美麗と言って良い画力。
どれをとってもお気に入りです。
読み返した頻度も自分の中では結構上位だったりします。
四コマじゃないというのにね。


が、どうしても人に奨めにくい作品だったりもします。

一言で言うと ガノタであることをさりげなく、ディープに要求します。

ガンダムについて、初代からZZまでの一連の流れ・キャラを理解し、MSV、MSXについても知識が求められるというかな。ミーハーレベルでも多分問題ないのかもですが、詳しい方が間違いなく堪能できる。
さらっと流される会話に紛れるOVA他のエピソード。口にする戦艦名だったり、絵だったり文字列を観て察することが出来れば楽しみ倍増という感じ。トト家の隆盛、サハリン家の没落だのをオペラ会場で語る将官。説明もなく、ジンバ・ラルだのサスロだの言われて誰のこと(設定厨的ガノタには常識の様なキャラですが)か、どんなキャラか判らないといけない。さすがに、エリック・マンスフィールドを観てうわーいしろまでは言いませんが(笑
(でも、設定萌えだと彼の紋章を観てニヤニヤする訳で)


親衛隊の部隊を見て、おぉ ギガンだ。
終戦間近のサイド3に配備されるんだったらギガンありだよなぁ
 とか。そんな萌え方もできる。
正直に設定厨には堪らない。

語れる友達を真面目に欲しいと思う作品。
スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年07月05日 [21:30] 感想 

SMALL WORLD

日本語化が予定されているボードゲーム
戦争ゲームということで、ドイツ年間ゲーム大賞にはエントリーすらされませんでしたが、海外でも評判の良いゲームです。まぁノミネートされていたとして、ドミニオンに勝てたとは思いませんが。
 SMALL WORLD

日本語化を予定と言ってもマニュアル以外殆ど言語依存がない。ユニット名と特殊能力名位でしょうか。個人の趣味では、この辺も英語の方がいいなぁ。 まぁ そういうわけで購入したのですが。

プレイ時間はなれると50分位。教えるところから入れると、人数にも因りますがこ前回は5人で2時間位でした。何回も廻して遊びたい感じのゲーム。
プレイ可能な人数は2~5人。人数に応じてマップが変わるため、マルチゲームを少人数でプレイする時のすかすか感はありません。
ゲームとしては、種族の新興・衰退がポイントになった陣取りゲーム。種族を率いて陣地を押さえ稼いだ勝利点を重ねて、一定ターンでの累計を争う形式。獲得勝利点の計算は自分のターン終了時なので、如何に効率よくポイントを稼ぐために種族を見切り、衰退化させて次の種族に移行するかがポイント。内政を省略したのがゲームがスピーディーに進行するポイントだろうか。
勝利点の累計だけに、ある程度進むと勝負の目が見えてしまう気がするが、獲得勝利点非公開なシステムと、盤面のダイナミックな情勢の変動がそこから目を逸らさせているように思う。また多人数だと展開が変わりすぎて意識している余裕もないが(笑)

まぁ とりあえず

人類は衰退しました
 と言うためだけに人類を選ぶ人はいるに違いない。
次の種族は小人さんことハーフリングになるんか?

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年06月27日 [23:00] 感想 

ヱヴァンゲリヲン劇場版:破 (バレ無し)

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破
公開初日にネタバレなんてのは あり得ないので
単純に感想を

というかですね、凄い。
二時間がぎっしり凝縮されています。
何を書いてもネタバレになる。

ちなみに 右がパンフレット。封印されています。
 WARNING!
 DO NOT OPEN THIS
 BEFORE WATCHING
 THE MOVIE
 

だから 書けるとすると
眼鏡っ娘は正義
 アスカはかわいい
  綾波もかわいい

位?

TVシリーズをなぞり、そして破壊している。
序はリメイクという趣だったけれど、破は完全に別物。
でも、元も残っている。元を知っているが故に展開が予想でき、また自分の予想に裏切られという。本当に二時間に凝集されている。この作品をTVシリーズを知らず一切初めて観るとどのような感想を抱くか聞いてみたい。

まぁ ボクとしてはTVシリーズを観た者の感想しか言えない訳ですが。

取り敢えず、
 終わった時に、思わず拍手してしまった。
展開に圧倒され、歌の挿入仕方を堪能し、最後に喝采を送ることができた。
そんな作品。

次回予告の後は、皆が笑っていました。
劇場内の誰もががポジティブな反応をしていた。
これを、どのように終わらせてくれるのか。
それが怖くもあり、楽しみでもあり。

ということで、
 109シネマでの 数量限定のコンボセットを買った。
アスカスキーを自認するモノとしては義務かなぁと
 ネタ的な意味でも。
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年06月15日 [00:38] 感想 

映画:スタートレック

スタートレック
映画 スタートレックを 観てきました。

周りにトレッキーは多いのだけれど
TVシリーズも、映画の宇宙大作戦も含めて、初のスタートレックになります。
なんで、観ている間はこれが正当なスタートレックの歴史の一部なのか とか判らずに観賞していました。翌日 隣の席に座っているトレッキーな課長に(相手に)ネタバレにならないように、オリジナルストーリーの内容を聞き出した結果 判ったこと。
本編に関係のない完全に外伝と思っていれば良さそうです。
バルカン星がどうなるかを聞き出すだけで、判りますしね。

まぁ、単体の映画として普通に楽しめたというか。
それ以上ではありませんでしたが。
なんというか、アメリカの映画の基本形に忠実だなぁと。主人公がお約束的にバカなんだけれどここぞという時に決めるキャラで、ライバルと対立しながら、互いに成長してという。原作の仲間達を集めていくのが早すぎるかなぁ とは思ったりもします。
原作ファンは、登場した瞬間にどんな活躍をするんだ というのを判ってしまうのでしょうね。それを知らない分素直に普通の映画として楽しめたという感じでしょうか。

ボクとしては普通に楽しめたけれど、トレッキーな人の評価はどうなるのか興味あります。キレるのか、それとも評価するのか。
まぁ バルカン人の挨拶が人気あるのは理解できました。
この作品群にハマったら挨拶したくなりますね。

『 Live long and prosper』


スタートレック
とりあえず、自分用のお土産としてパンフレットと、連合軍の記章を購入してきました。ピンズなんですが、裏の針が二本 開店しなくて良いし、重量を支えるのにも良いのでしょうが布地へのダメージを考えると少し付けるのが躊躇われます。


Comment:1 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年06月10日 [22:40] 感想 

映画:天使と悪魔

純粋な娯楽として、面白かった。
美術品やら、ローマの景観を主体にした映像の綺麗さ、話の展開。
意表を付くどんでん返し。或いは、物語の演出的な必然。
2時間を全く厭きずに楽しむ事ができた。
だれるシーンがないと言うのは素晴らしいと思う。恐らくは原作を2時間に凝縮した為に無駄なシーンを入れている余裕がなかったのだと思うけれど。
最近観た映画と比べても、レッドクリフとは比較にならないし(女性の出番、蹴鞠のシーン等不要)ヤッターマンもアレな場面(原作の再現はともかく、クライマックスのドロンボーの場面等)があるし。

色々とツッコミ所もあります。あと割とドラマの論法に忠実だなという。
が、総じて観て損の無い映画とボク的には言える。DVD買ってもいいなぁと思ったり。
まぁ、ボクには多分に枢機卿の真紅の法衣萌えとかあるので、ちょっと特殊かもしれませんが。

定訳をスルーする印象を持っている戸田さんが訳者でしたが、流石に不味いと思ったのか翻訳監修が付いていました。流石に宗教用語に誤りがあると大問題ですし、科学用語、美術用語とかに誤りがあると意味が通じなくなりますしね。場合によっては意味が変わっちゃう。
実際に、変わってた映画も無い訳じゃないですが。。

残念だったのは、映画館での横のお姉さま二人。
クレジットで語り合うんだったらなら出て行ってくださいな。
折角、家で聴けない大音量での音楽を楽しんでるのに。

後は、ゲームのせいで明らかに英語耳になっているのを確認。
いつもの数倍聞き取れる。と言うか、理解できる(笑)
字幕あわせで、字幕が省略したところ、意訳した所が判る。
あくまでいつもより、デスが。
もちろん専門用語とイタリア語はお手上げですよ?

でも少しは役に立つなぁ〉ゲーム


ネタバレありで語りたいところはこちら

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年05月29日 [23:30] 感想 

MASS EFFECT (Xbox360)

まぁ このゲームにはまっているせいで、blogの更新が滞っているのは自明ですね。
面白すぎです。




Tn_090522_001 Xbox360
 Microsoft Studios
 購入日:2009/05/22
 Amazonで買う

1.5年前に発売され、評価されたアメリカ産RPG。
移植されないという話もあっただけに、発売されたことを素直に喜びたい。開発元のBiowareというと Never Winter NightBaldur's GateDungeon Siege のメーカーとして知られています。そういえば、Dungeon Siege とかMicorsoft名義でしたね。なるほど古くからのMicrosoft Studiosと言えるメーカーなのか。日本のRPGとはかなり毛色が違うものの、当にRole Playing Gameだ という思いに駆られる逸品とも言えます。

J-RPGにありがちな十代と美形と中二病を廃した硬派な世界観は人を選ぶかもしれないけれど、人に拠っては魅力の根源ともなります。正直な話、若造が佐官・将官として偉そうにしていたり、ロン毛な兵士がうろちょろしている軍隊なんて不気味なだけですし。

根本的には一本の世界の流れがあり、それでいてサブクエストが呆れるほどに満載なのは構造的にJRPG的とも言えます。サブクエストにはまりすぎて、本編を進められていない自分が居ます。
こうも会話が楽しいRPGは良い。
 <続き>
 
 MASS EFFECT

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年03月16日 [23:58] 感想 

とらドラ!

とらドラ!
10巻をもって完結しました。
まぁ、終わり方としては納得できる形ではありました。

10巻まで買っておいてなんですが、物語としては正直にボクの趣味からは外れるかな。登場人物の精神構造が全体的に幼く短絡的。青春という言葉でくくってもいいのだけれど、精神構造が幼い人たちがドタバタする物語でありながら、根底がネガティブに進むというのがなんというか、あわなかった理由だと思います。
馬鹿なりにポジティブに、馬鹿に進むなら良いのですが、トラウマみたいなものが出てきて餓鬼の駄々の様に暴れる、他人に迷惑をかける(しかも主人公達が迷惑をかける側)というのが。
自分が高校生の時にこんなに他人に大人に迷惑をかけることを是としたか? もっと常識と他人にかける迷惑を考えたよな。
と。まぁトラウマを持つような人生を送っていないし、その辺に違いが有るのかも。他人に迷惑を とか言い出すと不良だの暴走族の漫画とか読めなくなりますね(笑

そんな思いもあって馬鹿な間(序盤)は楽しく読めたのですが、だんだんと醒めていった感じ。
まぁ 欝展開も良いのでしょうが、途中に無駄な描写とがあるので余計に。
シリアス展開中に『嘘だと言ってよ バーニィ』なんてのが必要なのか? とか。
ネット系なネタとかが半端に混じるあたりが厳しかったのかも。
作者さまとして田村君もだけれど、トラウマ系のネタを書きたいのが見て取れるのですが馬鹿やっている前向きの話を書いている方が向いているような気がします。


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年11月05日 [23:00] 感想 

レッドクリフ

もう一個のBlogに書いた記事をそのまま

赤い崖やん という突っ込みはきっとお約束の類でしょう。
まぁ意訳なんでしょうね。字面だけ追えばよいと言うものでもなく。
とはいえ、日本版は『赤壁』で良かった様に思います。

ネタばれあるかもしれませんが、その意味では注意。
とりあえず、 赤壁はなんと 80万相手に呉軍が勝つんだぜ!!
 なんというネタバレを(ぉ


さておいて、ジョン・ウーばかりが売りにされていますが、三国志の映画としてよく出来ていたと思います。
三国志マニアからしても納得の出来ではありました。日本のプロモーションがジョン・ウーにばかりよっているので、どんなネタ映画に仕上がるか?と思っていたので その意味ではしっかりと仕上げてきた印象。トレイラーより本編の方が思いろかったなぁ。。。。本編中くどい位に曹操には名前が出ていましたが、他の魏の武将は皆無。でもクレジットには荀攸他多数の名がありましたので、しっかりと設定していたようです。
俳優もイメージを巧く抑えているかな。関羽や張飛の外見はイメージ通り、劉備もしっかりと耳の大きい人を選んでいました。意外だったのは周瑜。美形というよりはいい男という感じでした。美形の俳優が演じていたのは諸葛亮と孫権。まぁ 諸葛亮は金城武ですしね。孫権は結構おいしい役を持っていっていた印象。中村獅童は甘興 まんま というか、こいつは要りません。そもそもなんで甘寧モドキの架空の将軍なんかを入れているのか。程普や呂蒙あたりにやらせればいいのではないか? と。

映画として良かった点は、

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年10月04日 [02:19] 感想 

感想:もふもふっ珠枝さま!

彩里の本箱から
もふもふっ珠枝さま!   内山 靖二郎
 初読: 2008/09/29~2008/09/29
 ISBN-10: 4840124280
 Amazonで買う

好きな作品。『神様のお気に入り』シリーズの続編。
私は従来のタイトルの方が好みですね。
心機一転という事なのか、神様以外にも気に入られてるから?(笑

玉枝は家神という、個人的にすごい秀逸と思っている設定がありました。家神は家に福を招く。しかし、他の人に知られてしまうと奪われる(福が逃げる)かもしれないので、秘せねばならない存在である という設定。

これは家神という存在を、自分が(家神様が家にいない一般人が)知らない理由を上手く説明したものなっているのですが、同時に『家神の存在を秘密にしなければならない』ということで環境、人間関係がクローズドなものとなります。

ということで、もっと玉枝が色んなキャラと日常的に絡めるようにしたと言うのが今回の大きな変化点でしょうか。何にどのようになった と言うのを書くとつまらないので差し控えますが、これまでの延長には違いありません。祀られる存在には違いないので。
しかし、全般にライトな、そして主人公の女難というか、ラノベテイストが強くなった気がします。これまでの、人と相容れぬ存在という妖怪。その彼らの道理と人間の道理の違い。それを知って尚、架け橋と望むという主人公の生き方。戎であったり猫神たちの妖としての陰惨な側面も描いているというのが、なんとも言えず独特で好みだったのですが そういうのば無くなってしまっている気がします。それが残念。

これから出てくるのかもしれないのですが、なんか安易なポップな方面には流れないで欲しいなと思ってしまったりします。某偽物語の暦ハーレムみたいになるのはちょっとね



Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年09月18日 [00:08] 感想 

魔王 一部 完

週刊少年サンデーで連載している漫画

今週号で一部が終わりました。

こう終わらせるとは。
やるな・・・・


三雲さんのアスラクラインの時は
呆然という感じ
 そしてこの後どうするんだ?
  しっかりとすべての思いを収束に持っていくのか
 最終的に ちゃんと2順目に戻り
 1順目に回帰するところまで行くのか
 不安半分という感じ。


魔王は 唖然ではありますが
 こうきたか という感じではあります。
 突発ではない、納得もできる、ああ こうきたかと。

これだけを使って作り上げた序章が終わり
魔王が立ちました。
2部が 1部を受けるに足る話であることを期待します。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年06月02日 [00:23] 感想 

ストラングルホールド

2丁拳銃でジョン・ウーの様な感じのゲームとか
男たちの挽歌みたいな雰囲気のゲームとか言われるストラングルホールドですが
そのまんま、ジョン・ウープレゼンツで 新・男たちの挽歌の続編ということになっています。

飛び回る鳩、レールを駆け上がったりのアクション、遅くなる時間。本当にジョン・ウーテイスト満載。壊しまくれる背景。それに巻き込んで相手を倒すこともできるパズル的な楽しさも味わえる、基本的にトリガー・ハッピー向けなゲームに仕上がっています。
特徴的なのがテキーラ・タイムと呼ばれる、時間をゆっくりとできるシステム。これによりマトリックスみたいな自分がスーパーである様な爽快感を味わえる様になっています。
テキーラ・ボムというアクションは一言で言うとアクションゲームにおけるスペシャル・アタック、STGにおけるボム。要するに無敵になって相手を一網打尽にするするアレです。なんてものが、あるんだよ という感じですが、ゆっくりと飛んでいく弾丸、撃たれて仰け反る敵、飛び回る鳩 と演出がなんともジョン・ウーに仕上がっていることで違和感をなくしています。

前半のステージは、背景に壊せるところが多く、アクションパズル的に考えながらプレーするのが楽しい感じでしたが、中盤以降は対戦用ステージを兼ねることもあり 広くある程度対称的な作りのエリアを駆け回りながら、大量に沸く雑魚と戦い続けるステージという感じの場所が続くことになります。見た目のバリエーションはともかくプレイ感が単調になってくるのが残念

また、終盤の敵は堅く弾薬の数発では死ななくなります。なんで、よく映画なんかである地面に仰け反って呻いているような敵に止めを確実に刺すなんて行動がナチュラルに身についていくのは良いことなのかどうか(笑
まぁ それでも全般に楽しいのですけれどね。見ていても楽しいから接待ゲーム向けかも知れません。

翻って マルチプレイはというと

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年05月06日 [10:00] 感想 

NDS: エムブレム オブ ガンダム(EMBLEM of GUNDAM)

最新のガンダムゲーム
NDSという携帯ゲーム Amazonとかのレビューを見ていると 戦術級SLGとかありましたがSLGしたことあるの? という感じ。ユニット単位で戦闘をする スパロボなんかは戦闘級SLG。Gジェネとかがが戦術級と言うんじゃないかな?とか思ったり。ギレンの野望は戦略級ですね。この EoGは作戦級じゃないかなと思います。ユニットのMSはあくまでイメージ 1ユニットは小隊だったり 大隊だったりとイメージだけしておけば良いです。てか どこに戦術があるよ?とw

ただ、概念の上ではSLGなんでしょうが パズルゲームと思ってプレイした方がシンプルに楽しめます。
戦力の集中、遊軍は作らない、必要に応じては兵は割り切って使い捨てる、兵站こそ戦略の基本。キャラクターの能力を考慮してやり、如何にうまく効率良く進めるかというパズルゲームです。ハマれば一気にクリアでき、失敗すれば瞬く間に戦線が崩壊する。トライ&エラーを楽しむゲームです。ガンダム好きしか楽しめないパズルゲームですが(笑

パッケージに『歴史的手法』でガンダムをシミュレートする とありますが、そんな大層なものじゃありません。どちらかというと、ステージとステージの間の物語が歴史上から俯瞰した視点で描かれているという方が正しい。これまでのゲームが基本的に同時代の、人物自体の中から描いたものでした。今回のは言うなら遥か未来から歴史考証しながら語っているという感じです。言うならば、銀英伝や司馬遼の描き方と言うのが判りやすいでしょうか。その描き方を楽しめる人には楽しめる、そうでない人には楽しめない文章になります。特定のキャラに愛情があったりすると、特に。結構強烈な文章が多くありますから。

『シャアはこの頃、あからさまにおかしくなっていた。もとより、目的など方便という人物であったが、この人物はこの頃、その方便というのすら投げ捨てて、木馬(ホワイトベースのジオン側の呼称)とガンダムを躍起になって追いかけている。本人は子供じみたライバル心だと言っているが、どちらかといえばこれは愛だろう。ただ、殺すことによって完成する、危険な愛ではあった。』

こんな感じ。ただ、 とか言われると 乙女座の男 グラハムの兄貴が浮かんでくるのですが。。。

トータルとして、自分としてはこのゲームの評価はそれなりにOK。
今のところは完全にアニメベース MSVとかあれば良かったのだけれど、なさそうかな。携帯機のゲームとして気軽に楽しめる点は非常に評価できる。ギレンの野望の様に、画面全体を見直して考えてというのが必要ない。その為、いつでも気軽に止め、気軽に再開することのできるゲーム。本当にパズルゲームのノリですね。
文章が許せるのであれば、悪くは無いと思いかな。




 

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年04月01日 [01:49] 感想 

SH@PPLE

SH@PLE (1)
タイトルだけ聞いても エロゲ
双子で学校を入れ替える という設定を聞いてもエロゲ

という感じでしょうか。
表紙というか帯の派手さぶりに惹かれて購入したSH@PPLE
しっかりとまとまっているし、オチもついているし、個人的には気に入りました。
2巻購入は決定事項ということで。

もう少し眺めの感想はこちら

<Amazon>

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年03月29日 [02:08] 感想 

バンテージ・ポイント

アテがはずれた。
それが正直な感想。

面白いか とか 楽しめたか ではなく 期待したのと違ったというかね。

予告編大嘘つき という印象。

まともな感想はこちらに。
 そのための別 Blogなので。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年03月23日 [01:34] 感想 

購入CDの感想

偽典セクサリス
 偽典セクサリス
 良い。平野綾につられて、覚醒ノエシスを知り
 少女病さんを知った訳ですが、再販の予定無し、とらのあな、メロンブックスも在庫僅少という状況を見て購入しました。実際メロンブックスも完売して、残るはあきばおーだけという状況。確保しておいて正解でした。
さておき、覚醒ノエシスを聞いてから、これを聞くとお得感満点というか・・・・
値段が倍なんですが、収録時間3倍。かなり気に入りました。
というか、これを先に知っていると覚醒ノエシスだと物足りない。
あるいは割高に感じるんじゃないかなぁ??
本当に再販がないんだとしたら、早めに確保に走った方が良さそうです。


Sanctuary
 Sanctuary
こちらは普通に良いです。かなりのお気に入り。元より少女病さんのサイトにおいてあるクロスフェードサンプルで出来を聴いていましたしね。それでも、やっぱりいいと思えるのはいいなぁ^ ^


Yggdrasill Minstrelsy
 Yggdrasill Minstrelsy
出来良いですね。歌詞も意味が判る言語ではないので、純粋に音に浸るという感じでしょうか。良い意味でシンフォニーという感じ。良い買い物をしました。普段だったら多分手にとってもいなかったのでは?という感じですし。


THE CLEAR BLUE SKY
 
色んな意味で期待通りという感じでしょうか。
Color of sorrow のサビの所は気に入ったなぁ・・・・


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ