あやさとのこころ |読書記録
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑


2009年12月01日 [23:30] 読書記録 

十一月の読書:短感想

思い出したかのように 感想をあげてみる



アスラクライン
アスラクライン (13)サクラサク
 三雲岳斗
 初読了:2009/11/08
タイトルから予想がつきましたが、アスラクラインの本筋の物語はこれで終了。
大団円と言って良いのかはどうだろう?
決着は着いたね。と 機械仕掛けの神との戦いはまぁ あれで良いとして
部長 あんだけ散々引っ張っていたわりには拍子抜け。
そして、恋愛模様の終わらせ方も拍子抜けました。
その前の景気づけと言い、有りと言えばあり、らしいと言えばらしいのですが。
この後、ちょっとだけ続くみたいなので後日譚がどの様に描かれるのか楽しみです。




クロノ×セクス×コンプレックス
クロノ×セクス×コンプレックス (1)
 壁井ユカコ
 初読了:2009/11/16
『性別入替(女装ではなく魂が入れ替わる)』だの、『魔法学校』だの
で日常を奪われた挙げ句に、帰る手段が不明ではなく時限でで戻れる目処有り
とか、美味しいところを見事に集めていたり。
王子様的なポジションに担ぎ上げられるとか、努力を隠す秀才の女の子ととか
色々お約束もオンパレード。
メインテーマはタイムパラドックスときたもので、個人的にはかなりツボな感じ。
続きが楽しみ。




ハイスクールD×D
ハイスクールD×D (4)停止教室のバンパイア
 石踏一榮
 初読了:2009/11/21
とりあえず、インフレが素敵な物語です。
1巻で主人公は悪魔になりました。敵は堕天使の下っ端でした。
2巻で悪魔界のライバルが登場 大物も顔出し
3巻では天界に堕天使の首魁も登場
4巻では違う神話体系の神まで出てきました。
 毎回やり過ぎ と思わせるインフレが素敵だったのだけれど
さすがに次は小休止というか転調のタイミングかな。
主人公が女関係にちと卑屈というか、チキンに過ぎるのがなんだねぇ。




SH@PPLE
SH@PPLE (7)
 竹岡葉月
 初読了:2009/11/30
色々告白編。どたばたして、わたわたして、取り敢えず話が進んだ回。
親切と思い込んだ、舞姫の(結局は自分の為の)お節介により混乱としていく。とりあえず雪国が可哀想という話。女の子としては、鳥子やらお姉様に比べて、明らかに魅力が不足していた蜜がようやくとステージに上がったという印象。これから高校進学があり、環境も変わるのでしょうけれど どのように続いて行くのか楽しみ。
もっと評価されても良いと思う作品の一つ。

スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年07月06日 [23:30] 読書記録 

マリア様がみてる リトル・ホラーズ



マリア様がみてる
マリア様がみてる リトル・ホラーズ
 今野緒雪
 読了 : 2009/07/03

予定通りの再開というか、予想通りの再開というか。
それ自体は、Coblat連載分の短編があるので予想されていたことです。それが本編の続きという形だったことは素直に嬉しい。
バラエティ・ギフト4 とも言うべき短編集。

一応 ハロー・グッバイで一つの区切りとしています。マリみてを卒業したい人向けの良い切れ目という事ですね。そういう意味で、一つ大きな変化がありました。
導入部が 『ごきげんよう』 『ごきげんよう』 で始まらなくなった。
ひょっとしたら主人公も菜々に変わるのかも知れませんね。まぁ短編集なだけに、今回限りの可能性も大ですが、変わってもそれはそれでありかなと思っています。祐巳だと、どうにももう安定してしまったし。

今回は幕間の掌編が、薔薇の館の住人の物語ですが、そこだけ読み返すと、如何に今野さんがしっかりとミステリの基本をしっかりと押さえて書いているのか、というを感じることが出来ます。そこだけを一通り読み返してしまいましたし。まぁ 今回のはホラーということで、なんというか理不尽な話ばかりでしたので、あまり読み返す気になれないというのもあったり。今野さんの毒抜きなのだろうとは思いながら。



Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年06月23日 [01:56] 読書記録 

五月の読書:短感想 その1




福音の少年 魔法使いの弟子 福音の少年 闇の王子 福音の少年 虹のウロボロス
福音の少年
 魔法使いの弟子   読了:2009/05/01
 闇の王子       読了:2009/05/02
 虹のウロボロス   読了:2009/05/02
  加地 尚武
エヴァを元にした二次創作作品。
まぁどこにもエヴァという記載はないですが、キャラの性格・雰囲気で丸わかりという。
まぁそれはどうでも良いことで。リアルタイムに感想を書かなかったので、シリーズ全部を読んで閉まった後の感想になります。ここまでは良かった。
一つの区切りになるし、新たに読むならここまでがお奨めでしょうか。この先も楽しめるんですが、ボクとしては最後がちょっと・・・・なので余り奨められない。ただ、現在生きている人を名前そのままで出すのは有りなのだろうか。IT系のCEOとか有名どころばっかり。一番最後は 我らがビルが美味しいところを持って行くし。




Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年05月05日 [21:58] 読書記録 

四月の読書:短感想 その5

4月分 これで漸く終了



らぶジェネ!
らぶジェネ! (2)
 本田 透
 読了:4/28
前半部分はかなりなぐだぐだ。
正直購入したのを半ば後悔したくらい。
元からギャルゲのヒロインを現実世界に召還したとか、凄い内容のラノベの2巻目なので。一発ネタとして1巻目だけにしておけばというのは普通に考える反応だと思う。

後半から持ちかえします。
全編を通じて後半部分くらいのクオリティをお願いしたい。
物語を動かすまでが大変で、事件が始まってしまえばキャラクターが動いてくれるという話なのかもしれませんけれども。



迷い猫オーバーラン!
迷い猫オーバーラン! (4) みんな私が拾います♪
 松 智洋
 読了:4/28
今回は超人な姐さんです。
取り敢えず
居着く迷い猫はこれで終了で
以降は争奪戦という認識で良いのかな?

しかし主人公の唇軽いなぁ
ヒロインとは誰ともキスしたこと無いのに
簡単に奪われすぎな。

しかし、段ボール箱に描かれた文字列が
サブタイトルだということに漸く気づきました。
あれはネタじゃなかったのか・・・



戦乱学園 合戦の第1法則・弱い武将はよく攻める
戦乱学園 合戦の第1法則・弱い武将はよく攻める
 藤原 京
 読了:4/30
休み無しに読んでいるのに
ラノベを読み終わるのに4時間かかった
 と言うのに一つの驚きが。
登場人物 立ち位置を理解するのにちょっと時間がかかってしまい、
読み返した頻度が多いこと。
説明を理解するのに時間がかかってしまったことが一因。

将に知力で争う合戦
 という意味において
『戦争とはすなわち 知力の戦いである!!』
という帯の惹句に謬り無し。
合戦のシーンにおいて、剣戟・アクションを一切描かずに合戦を描いてのけるというのが斬新であり面白かった。とはいえ、合戦を描くのであればこれが本来というべきなのかもですが。
戦争とは闘う前に決しているモノなのだから。
中でわざわざ川中島を解説していたのは笑いどころでしたが。
しかし なんとも読む人を選ぶ本なのは間違いない。
キャラクター同士が、官位だったり役職で呼び合い一切のフォローが入らない。それが正しい姿ではあるのだけれど。



Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年05月02日 [16:00] 読書記録 

四月の読書:短感想 その4




ゴースト・ライト
ゴースト・ライト
 森野 一角
 読了:4/20
微妙に気になる表紙。
とはいえ、奥行きがある表紙ではなく
中身が察せられる表紙でも無い訳ですが
この表紙に釣られて手に取り、作者が普段フランス書院の美少女文庫で活躍という言葉に釣られて購入した次第(笑

中身は普通のラノベ。
霊を見ることが出来、実体化できるという特殊能力を持った主人公がそれが故に人から追われ、転校した学校で出会うトラブル。ツンデレ&どたばたで普通に楽しめた。



ペンギン・サマー
ペンギン・サマー
 六塚 光
 読了:4/24
タイトルは『ペンギンとの夏』と『ペンギン様』にかけているのだろうか?
地の文が色々な体裁を取っていく。
どんな感じにというのは、直接に出会った方が面白いと思うので記さないけれども。結構意表を突かれる感じ。総じて色々な形が収束していき、一つの流れをなす。はちゃめちゃに見えて、ちゃんとロジックは成立している。楽しく読めた作品。良作としてお奨めと言うほどではないのだけれど、是非他の人にも読ませてみたいな と思う作品。



もふもふっ珠枝さま!
もふもふっ珠枝さま! (3)
 内山 靖二郎
 読了:4/24
一言で言うと、眼鏡っ娘な幼馴染み逆襲の巻。
真希、八咫烏三姉妹、好香の出番も少なめ。
もふもふっ という言葉は大活躍。
瑞穂とマドカが中心になる巻ですが、
なんだかんだ珠枝が一番美味しい目を見ているのは
家神さまの特権か。




Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年05月02日 [12:07] 読書記録 

四月の読書:短感想 その3




神のまにまに!
神のまにまに! カグツチ様の神芝居
 山口幸三郎
 読了:4/18
神々が一斉に世界に顕現したあげく、人に呆れて姿を隠したという世界。
主人公はある一柱の神に好かれた為に憑かれている状態。
唯一現界している神と一緒にいる人間として、神を呼び戻す仕事をする様に。
ということで、その様な話。
本編の方のテーマは割とまともなのですが、
主人公の性格が台無しにしている印象。
言うなら二昔前のハーレム系エロゲの様な軟派ぶり。
もう少し普段がまともなら、評価上がったかなぁ。



ハイスクールD×D
ハイスクールD×D (3) 月光校庭のエクスカリバー
 石踏 一榮
 読了:4/19
いい加減に主人公のハーレム度合も進み過ぎかなぁ
どのみち寸止め止まりなんだろうし。
大物が大挙して登場してきて、話のスケールも一気に
大きく持ってきた印象。
この本を単独としてみると、騎士の物語にしようとして仕切れず、
物語が進む割に深みが無いだけの物語になってしまっている。
また、前半のぐだぐだぶり、終盤の盛り上げ方の出来と比べると
導入の拙さを感じる。
また作中に登場するアニメとかで何かの作品名をパロった様なのは
いらない。オリジナルか元々を使うかにして欲しい。
そこで醒めてしまって、正直に萎える。
それにしても、リアス部長の配下の戦力が拡大しすぎでは?



アスラクライン
アスラクライン (12) 世界崩壊カウントダウン
 三雲岳斗
 読了:4/20
11巻から感じていることですが、ただ感嘆しかない。
見事です。各キャラの立ち位置 背景が見えたこの11~12巻。
最後の壁も同様に見えたり。
機械仕掛けの神をこのように持ち出してくるとは。
奏との関係も色んな意味で進展がありましたし、
次が待ち遠しくてなりません。



Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年04月30日 [22:00] 読書記録 

四月の読書:短感想 その2

前回から時間が空きましたが その2です。




白山さんと黒い鞄
白山さんと黒い鞄
 鈴木 鈴
 読了:4/15
奇妙なる鞄の主 白山さんと、鞄の住人達と図書館部の話。
鞄の設定を作った段階で、半分くらいできあがっている話と言っても良いかもしれない。最後にオチを付けちゃっているから、次は無いかな?
ボーイ ミーツ ガール がテーマな筈なのに、どたばたとアクションが中心になってしまっている。恋愛部分は機微の描写が足りなさすぎる感じ。 



カラクリ荘の異人たち
カラクリ荘の異人たち (3)~帰り花と忘れ音の時~
 霧島ケイ
 読了:4/15
児童文学としても悪くないと思うのだけれど、
児童には判らないか?
まぁ、自分が子供の頃に児童文学とされたものを考えると
十分に大丈夫だと思いますが。
人とのふれあいが苦手で、心の機微がよく判らない少年が、
人の世と妖怪の世との狭間の境界にあるところに下宿して
色々な人や妖怪と接することで成長していく物語。
この心の機微が判らないというのをポイントにしているあたり、
大人向けの小説というべきなのかも。
喧嘩をして、友達を作って、逃げていたモノに立ち向かって。
この巻はターニングポイントというか、方向性が定まった巻と言えるのかな?



れでぃ×ばと!
れでぃ×ばと! (8)
 上月 司
 読了:4/16
表紙は中華さんと ヒロインのドリルことセルニア。
中身は腹黒幼なじみと、大地。
表紙の穿いてないも、今回はおとなしめ。
心の機微的な進展がある訳でなく、どちらかというと
今回も負け組 腹黒さんと大地の応援キャンペーンという感じか。
可もなく不可も無しという感じ。




Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2009年04月22日 [23:01] 読書記録 

四月の読書:短感想 その1

横のBlogパーツである FC2 Piyoに載せているし
メディアメーカーの方により詳細に載せている訳ですが

まじめにレビューを書いてと思うと時間がかかりそうなので
週毎に短い感想でも書いてみればという次第
今回はためているので まとめて吐き出しますけれどね(笑




おと×まほ
おと×まほ (7)
 白瀬 修
 読了:4/03
3/21に購入してなので、
ちょっと手を付けるのに時間がかかりました。
なんと見事な大団円 という印象。

いや終わった訳でなく、
瀬尾編が一段落しただけなんですけれどね。
全体を通して疾走感が感じられて、
読み終わった後は後味すっきり・さっぱりという感じ。
かなり良い感じに楽しめました。



ばけらの!
ばけらの! (2)
 杉井 光
 読了:4/12
読む前に手にした最初の感想。
出したんだ。。。。でした。
正直1巻ほど楽しめるでなく、無難の一語。
ヒロインの嫉妬も判り易すぎるし、安易に見せすぎ。
ヤママヤーはまぁ 判りましたね。すぐに。
オチは杉井さんらしく奮っていましたけれど。



MIB
MIB
 柏葉 空十郎
 読了:4/12
桜田家のヒミツの作者のプロとしての第一作。
期待通り楽しめたという感じ。幾らでも続ける道はある感じですが
多分続けないだろうな と思っていたり。
Maid in Black の説明、中二病、魔法使い
さらっと流されるトピックが
後でしっかりと本編に絡むのは良くできていると思います。
モテナイ人間関係スパイラルの話は耳に痛い(苦笑
桜田家よりは人に奨めやすくなりました。
個人的にはお気に入り。




Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2008年07月04日 [13:07] 読書記録 

桜田家のヒミツ~お父さんは下っぱ戦闘員~

普段からの読書記録は Blogパーツでに書いている訳ですが
思わず記事にしてみたくなるくらい気に入りました。
桜田家のヒミツ-お父さんは下っ端戦闘員
 桜田家のヒミツ~お父さんは下っぱ戦闘員~
  柏葉空十郎
 
 Amazonで詳細をみる



購入から約一月経ちましたがようやく読みました。
ゴーストは正しかった。非常に面白かった。
ボーイ ミーツ ガール というか ガール ミーツ ファミリー というか。
同じ最終選考のリリスとは比較になりませんよ?
 てか これに大賞つけられないのか と言いたい。

選者たちの賛否両論とか 各人たちのどこを評価し どこをNGとしたか、自分の文章を学ぶ立場として純粋に知りたい。
 個人的には満足

レビューを書くか という気になったり。
 書くときはもう一個のBlogの方ですが。
すぐにはできないかもですが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年12月25日 [08:51] 読書記録 

感想群

モノケロスの魔杖は穿つ (4)
最終巻 こう締めてきたか という感じです。
とりあえずぐだぐだと引っ張らないというのはいいのかな。
幾らでも広げる余地はあったかと思いますが。

キミキス -various heroines- (3)
エロ本ですね。1巻と2巻の間隔に比べて出るのがすごく早かった気がします。巻を追うごとに恋愛がさっぱりしていっているような気がします。あと、キスがディープでシチュエーション的にもっと・・・・というシーンが。

KNIGHTS (4)
シリアスな本編と合間の一コマが・・・特に最後の編集者の反応

鉄のラインバレル (9)
先の次回へ引き摺る展開とは一転の爽快な感じの次回への引き。
しかしアニメ化ですか

監督:日高政光
キャラクターデザイン:平井久司
クリエイティブプロデューサー:谷口悟朗
特技監督:板野一郎

 すごいなぁ・・・

アスラクライン (9)
女装話ばっかりでしたね。いきなり脱線系とは。
普通あんな扱いされたら切れてもいいと思うのですが。
こと第3生徒会長には貸しばっかりのような・・・・
しかし、次回クリスマス ってのをクリスマス時期の本の後書で(笑

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年10月19日 [23:59] 読書記録 

読書記録:10/19 /カラクリ荘の異人たち~もしくは賽河原町奇談~

カラクリ荘の異人たち~もしくは賽河原町奇談~ <Amazon>
 カラクリ荘の異人たち~もしくは賽河原町奇談~
 霧島ケイ
初読:2007/10/18~200710/19
GA文庫ということでラノベの体裁を取っているけれど、読後の感想 話の筋とかをみると完全に児童書という感じがします。
この本も本箱の方に感想を上げる予定。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年10月03日 [02:47] 読書記録 

読書記録:10/03 /マリア様がみてる 薔薇の花かんむり

マリア様がみてる 薔薇の花かんむり <Amazon>
 マリア様がみてる 薔薇の花かんむり
 今野緒雪
 初読:2007/10/02~2007/10/03
次を読みたくさせる期待感 一気に読ませる筆力
やはりこの方はすごいなぁ と思います。

とりあえず 瞳子 かわいいよ 瞳子

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年09月28日 [23:55] 読書記録 

読書記録: 09/28 /アスラクライン (8)

アスラクライン (8)
 アスラクライン

 三雲岳斗 
 初読:2007/09/26~2007/09/28
最近物語が本題に入ったというか、悲しい展開になってきたので、
手をつけるのが遅くなりました。
また一人退場者が出ました。兄がどんな思いで何を為しているのか。
それで、この物語への自分の評価が決まりそうな気がします。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年08月25日 [23:55] 読書記録 

読書記録:08/25 /とらドラ! (5)

とらドラ! (5)
 とらドラ (5)

 竹宮ゆゆこ
 初読:2007/08/22~2007/08/25
恐れていたような鬱展開でもなく、あっさり終了。
どんどん亜美が魅力的なキャラに、北村がどうでも良いキャラになっていきますね。手乗りタイガーと主役は成長が殆ど無しと。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年06月27日 [23:55] 読書記録 

読書記録:06/27

れでぃ×ばと! (2)
 上月司
 初読:2007/06/27~2007/06/27


れでぃ×ばと! (3)
 上月司
 初読:2007/06/27~2007/06/27


今更気づいたんですが、表紙の絵
全員はいてないんですね

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年06月26日 [22:53] 読書記録 

読書記録:06/26

れでぃ×ばと!
 上月司
 初読:2007/06/26~2007/06/26

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年04月08日 [21:21] 読書記録 

読書記録: 04/08

リリアとトレイズ VI わたしの王子様(下)
 リリアとトレイズ VI 私の王子様(下)
 時雨沢 恵一
初読:04/08~04/08
う~む やっぱりですか。
しかし、この後どうなるのかが非常に気になるところなのに
続きを書くかどうか完全に未定
終わらせるかも とはどういうことなのかと小一時間ほど
てかヒルダお嬢様 良い感じなのに お相手どうするのさ と

Comment:0 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑


2007年04月06日 [23:59] 読書記録 

読書記録: 04/06

神様のおきにいり (4) ねこまたの巻
 神様のおきにいり (4)ねこまたの巻
 内山 靖次郎
 初読:04/06~04/06
妖怪の適度な民俗学的アプローチは健在。
幼馴染という最強属性の女の子が一番魅力が無いのはどうなのか。
八咫烏 姉妹が可愛すぎるというのはあるにしても(笑

レビュー  

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年04月04日 [23:55] 読書記録 

読書記録: 04/04

扉の外
 扉の外
 土橋 真二郎
 初読:04/04~04/04
これがデビュー作の様ですがなかなか面白かった。
これもそのうちにレビュー書きます。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年04月02日 [23:55] 読書記録 

読書記録: 04/02

涼宮ハルヒの分裂
 涼宮ハルヒの分裂
 谷川 流
 初読:04/02-04/02
 分割話の前編という趣。
 なるほど次の発売日を予告するわけですね。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年03月31日 [23:55] 読書記録 

読書記録: 03/31

リリアとトレイズ V 私の王子様(上)
リリアとトレイズ V
 時雨沢 恵一
 初読: 03/31-03/31
 どう考えても リリアよりお姫様がお得だぞ>王子様
 性格もよさそうだしね
 それに狙われているのもどう考えても君だw

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


2007年03月30日 [23:55] 読書記録 

読書記録: 03/30

マリア様がみてる あなたを探しに
 マリア様がみてる あなたを探しに
 今野緒雪
 初読: 03/30-03/30
 しっかり進みました。良かった。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ