あやさとのこころ |天山湯治郷
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月14日 [14:55] 温泉 

天山湯治郷

ホームページ:http://tenzan.jp/

ぐぐってみたレビュー
http://www.yonebayashi.com/yoneja/archives/000705.php
http://www.president.co.jp/dan/20030200/001.html

昨日ぷら~っと 行ってきた
tn_PB130055 箱根湯本の 天山湯治郷について。

ここに初めて行ったときは、学生時代。
九州で自転車で旅行した時のこと。
折角箱根を通るのだから、ということで途中にあった温泉に立ち寄った次第。
当時は学生で貧乏ということもあり、また目的地に向かう途中だったので
安い、中はお風呂のみらしい 一休の方に入った模様。
#既に 7年も前になるのですね。

tn_PB130059 当時の笑い話としては、そもなんでこんなところを自転車で通りかかるかですね。
単に沼津に抜けるのなら御殿場経由の方が楽。
東海道に従って箱根を越えるにしても、新道の方が坂が緩やかなのに
敢えて旧道   地図見て近かったからというだけなんですけれどね。
7割くらい押していた気がします。

さておき、天山。
入湯料 1200円(一休は 1000円 / 両方入れるのもある模様)
タオルや浴衣と言ったものは一切無し。
ロッカー等は無料で利用可能。

入り口からして門をくぐり、建物と入っていく中で別世界に入っていく気分を味わえる。
スーパー銭湯系のような安っぽさが無いのが良いです。
休憩室を抜け、階段を降りていくと右手は男風呂、左手は女風呂への入り口。

脱衣場は普通に脱衣場なんですが、ドアも無く浴場と繋がっている。
とはいえ脱衣場も清潔で特に不満はありません。

お風呂の方はというと、全てが源泉カケ流し
草津を思わせるようなすごく熱いのから
温いの 冷たいのまで様々
絶景と言うよりは秘湯という雰囲気。
釜風呂は薄暗い、修行者にでもなったような雰囲気が最高。
夜10時までやっているということは、多分ライトアップもされるのでしょう。
その時間まで居たかったかも。

そのほか離れに座敷の休憩場もあったりします。
その奥には静かな読書室もあったり。
休憩場は床暖房になってるし、窓は良い景色だしせせらぎの音が聞こえるし
気持ちの良いビーズクッションだし
休むのには最適な環境が待っていました。
すごく良い感じにくつろげます。

相模原から電車で2時間程度 1000円ちょっと。
往復して食事しても5000円しません。
ぷら~っと 一人で癒されに来るのにいいなと思ったり。

車だとかなり混む感じですが、駅から2Kmちょっと
歩いて問題がある距離じゃないのでいいんじゃないでしょうか?
早い時間に行けば送迎バスもありますしね。


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ