あやさとのこころ |ケータイゲーム
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月13日 [18:22] 未分類 

ケータイゲーム

小寺氏のコラム
ケータイゲームに横たわる問題(1)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1203/26/news014.html


|先日、グリーが15歳以下のゲーム課金を月額5000円までに、16~19歳までは
|1万円までに制限すると発表した。4月1日から実施される。
(略)
|個人的な金銭感覚では、15 歳以下は 3000 円、16~ 19 歳は 5000 円ぐらいに
|しといてくれよと思わないこともないが、皆さんはどうお考えだろうか。

この辺は自分と同じような感覚。
まぁグリーからすると、如何に金儲けできるか 愚民たちの金の使い方の割合と非難回避する為に施策が必要と言う中でバランスを取ったのだろう。
その中で5000円という価格設定をしたという事は4000円くらい使う子供が存外多い
という事なのでしょうね。


記事の中 不正行為としてのRMT と言う項がある。
|現金でアイテムを買い漁った人が現われると、当然ゲーム内のバランスや秩序が
|壊れることになり、実社会でお金を持っている人が強くなるという、ゲームと
|してはまことに不公平な状態となる。

とあるが、ここは誤っている。元からアイテム課金、或いはガチャが存在するゲームは金がある人が強くなるシステムなのだ。それを商売としてどうこう言うつもりはないし、投じた何かに応じて強くなるのは妥当な事だ。願わくば、金若しくは時間若しくは工夫で同様に強くなれるというのが良いが。

多くのMMOにおいて、RMTが問題になるのは職業として稼ぎを行う集団により、モンスターやイベントのPOP場所が荒らされる事になり、ゲームとして不快になるという事などが背景となる。

しかし、元より課金アイテムが充実しているソーシャルゲームは毛色が異なる。
プレイ自体は他人に邪魔されるものではなく、ゲーム的にはバトル要素的な所で俺ツエーがしづらくなる位だ。RMTでの収益目当てに詐欺行為を行う輩が増えるというのが大きいような気がする。
アカウント規制についても記事に上がっているが、自由にアカウントを作れてしまうのが問題なのであり、SNS上において実名かどうかはさておいて運営サイドに対してもリアルと対応できていないからだ。

ユーザー獲得の水増し競争ではなく、アカウント管理の徹底、通信のLogからの詐欺行為の撲滅等に目を向ける時期なのではないだろうか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ