あやさとのこころ |腐った林檎(電子書籍関係)
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月21日 [21:53] 未分類 

腐った林檎(電子書籍関係)

iOSやAndroid用に『MFラノベ☆コミック』という電子書籍アプリがある。
見開きイラストページの扱いが端末を横にすると一枚絵で、中央の
継部が無いという素晴らしい対応をしてくれている。
何より自社作品の画質が一番高いっぽい。
また、角川のBOOK☆WALKERとの電子書籍の相互本棚を発表しているので
その意味での安心感もある。
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/12/news035.html
#まぁ まだ実現されてませんが。

MF文庫の一番良い所は、紙の書籍の発売と間をおかずに電子書籍版も
販売する事。紙だと609円て販売されるものが、450円と割安であること。
#No DRM の汎用データはなく、データの永久性に保証がないのだから
価格が安いのはある意味必須だと考えています。


が、昨年の9月からめっきりラノベの新刊が販売されなくなりました。
MF文庫Jはすべてこちらで買うと決めていたので、何冊も買わずに
待つことになっていたり。

が、先月ふと理由が判明しました。
曰く
 『Appleによる 承認がおりない。』

MF文庫はAppleのルールに基づいて、書籍ビュアーアプリの
アドオンという形で書籍を提供していたのだが、これの承認が
おりなくなったらしい。
(同じ 書籍でも BOOK☆WALKERでは販売できていたのは 角川の
強さだろうか。またBOOK☆WALKERで販売できる=内容に問題はなく
Appleの恣意的な対応だという事が明確にわかる)

また、iBooks の日本対応が正式に発表された訳ですが
ライバルへの妨害という事なんでしょうね。
昔から Appleがやっていたことだし、今回も変わらずですね。
そのうち Kindleアプリとか排除しそうで興味深くはあり。
尤もiBooksと同時に他社の電子書籍ビュアーアプリを廃したら
iOSの魅力が一つ減るので、そんな愚かなことはしないと思うけれど。

不正競争防止法とかの対象にならないのかな。
MSがやることは挙って叩いたのにAppleは叩かれないのは
信者の多さか。。。

とはいえ、Jobs亡き後襤褸が見え隠れ。殿様商売にも・・・・
と思うんですけれどね。


MF文庫の方もいい加減待ちきれないのか、WebStoreでの書籍の購入
アプリへの配信に舵を切りました。
おかげで 9月~11月発売の書籍を一斉に発売&期間限定350円セール
積まれた本が増えました。
ありがたくもあり、迷惑でもあり。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ