あやさとのこころ |勝てず、されど負けず(川崎F vs名古屋)
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月29日 [23:50] スポーツ観戦 

勝てず、されど負けず(川崎F vs名古屋)

川崎フロンターレ vs名古屋グランパス戦

戦力的に言うと ヨンセンと金のいない名古屋に勝てないのか・・・
という感じではありますが。

さておき、
平日の試合。18時に会社を上がってもスタジアムにつけるのは前半30分がいい所。移動中はFM川崎の中継を聞きながら盛り上げていきます。
スタジアムに着く直前に玉田に得点されてしまったのですが・・・・

独り身の気安さで、荷物席の多さに関わらず座る席を見つけることができたのは良かった。いそいそとレプユニに着替え応援体制に。基本はきっちり声出し応援をするけれど試合観戦を楽しむというのが第一なんで2階席です。アウェイの時は盛り上がりも含めて立って応援が楽しいですけれどね。
(コールリーダーとかを観てて、彼らが後ろ向きであおり続けているのは試合に興味ないのか? 応援すること自体が目的じゃないか?とか思ってしまったり。浦和をACLで応援に行った時は中ぐらいに座っていて あっちの方がいいなとか思ったり)

さておき試合の方はというと
いい形を作っては跳ね返され、カウンターを喰らうと言う一進一退の攻防。
それから、よくこちらからは見えない位置での判定で相手が一人退場に。その後は時折カウンターを喰らうものの攻め続ける状態に。佐原に変わって井川、谷口に変わって大橋、テセに変わって我那覇。我那覇は一時の最悪期は脱した感じ。ポストプレイ、キープ、展開は出来るようになりました。今日のシュートが入っていれば化けそうだったのに残念。井川は本当に甲府戦の山本事件以来、覚醒しました。ボールを持つと期待してしまうくらいに。両サイドを井川&森のユースケコンビというのを試してみて欲しいです。
また、見所の一つは川島。あそこまで上がってきてボールを廻す。勝つ為に何をするか考えている。良い選手だと言うのを再確認しました。

ま、攻めても攻めても点が入らないまま時間が過ぎ ロスタイム直前の89分にジュニーニョによる同点ゴール。その後は怒涛の波状攻撃。しかし、実らずタイムアップ。

今日の一番の輝いた選手はなんと言っても楢崎。何故川島が名古屋で控えに甘んじ続けていたのかというのを見せつけました。GKが彼でなかったら大差で勝てたでしょうに・・・
ACLに向けてよい練習が出来ていると思うことにします。
今年は ナビスコ、ACL、CWC,天皇杯の4冠を目標に頑張っていただきたいところ。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ