あやさとのこころ |初詣
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月01日 [22:23] 歴史関係 

初詣

小野神社小野神社 align=
新年な感じにしていますが
喪中のため例の挨拶は無しな彩里です。

今年もよろしくお願いします。
帰省中のため初のモブログ(携帯から)、うまく行くかしらん。

毎年、初詣は高校の先輩たちと微妙にマイナーな神社をメインにお参りしています。過去の例が 武田神社 唐沢山神社(関東7名城の一つ 唐沢山城) 東郷神社という感じ。

今年の選択は聖蹟桜ヶ丘にある小野神社。
当初は鷲宮神社という案もあったのですが、コミケ当日にらき☆すたの聖地巡礼はあまりに危険だろうということで変更しました。
小野神社はあまり知られていませんが、一応武蔵の一宮ということになっています。延喜式でも式内小社に列せられる位の由緒のある神社です。とはいえ、武蔵には式内大社に列せられる大宮の氷川神社があります。また、現在は一般的にこの氷川神社が一宮ということになっています。
しかし、歴史的に見ると小野神社が元々は一宮であったようです。式内大社になんで小社が優先したのかというと、国守である小野氏の国府がこの辺りにあったことや、その武士団が背景にあったようです。武士団の衰亡とともに、一宮としての地位は氷川神社に移ったようです。
また、新田義貞による移転(これにより多摩と府中の2社に別れる)や洪水などの理由で再建などもあり建物としてはそこまで古いものではなさそうでした。

さて、初めて行った小野神社の感想ですが思いのほかに小さいというもの。式内小社 一宮と思ってみると小さいです。いや、一宮といっても安房神社とか小さいですし良いのかもですが、寒川神社や氷川神社をイメージしているとかなりびっくりします。参拝客の数も正直に田舎の小さな神社並。規模相応な感じです。神社にも由緒書きはありませんでしたし、あまり知られていないのでしょうね。
しかし、大きな太鼓の響きや甘酒や日本酒の振る舞いなど小さなお宮ならではの感じは良いものでした。

とりあえず、神社の名前の入ったお守りと縁結び守りを購入。然るのちにおみくじにチャレンジ。
曰く、縁無し。酷いよ神様。

ま、良い初詣でした。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ