あやさとのこころ |次世代DVD規格戦争の終結の幕開け
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月06日 [00:24] 情報・ネタ 

次世代DVD規格戦争の終結の幕開け

フォーマット戦争の「終わりの始まり」?――ワーナーがBlu-ray Discに一本化
itmediaの記事より。

まぁこれで次世代フォーマット戦争は決着しましたね。
ワーナーとディズニーが一方に固まってはもう終了でしょう。
後はどれだけの人がこのHDに価値を見出すか でしょう。
VHSに対するS-VHSのようなニッチな市場になっては意味が無い
と言って、最終的に現在のDVDと同様の価格まで落ちることを市場に強制されてしまってHDにする分費用がかかるがそれに見合う収入増は一切無し。という状況に陥るのは絶対まずい。
強すぎるDVDとの戦いがこれから始まる訳ですね。

敗者はいったいどこになるのか。
BDの為に身を捧げた結果死亡した PS3を抱えるSonyなのか。
 BDを削ればコストは下がり、発売時期は前倒しでき、販売初期の品薄も回避でき
 ここまでのXbox360の先行を許すことが無く戦えたはず。

東芝は当面の敗者には違いない。
 でもBDでも特許の利益は甘受は出来るんですよね。
 HDDレコーダーとしての利点とHDのDVDレコーディングを強く押していけば
 BD不採用のまま戦い続けることも出来たりして(笑

Microsoftは結局敗者ではない。
 PS3を殺した時点で勝者と言っていい。ましてXbox360にて動画配信も始めている。
 ネットワークによる動画配信はメディアの種類の戦争などに超越している。
 この世界が突き進めば、結局次世代DVDの争いなんて無意味に近い。


自分としてはは次のようなのが動画に関する最終形だと思っています。
・ユーザーサイドにはキャッシュ以外の一切のデータを保持させない。
・ユーザーに対して対しての視聴権利のみを販売(ドングルや生体情報で個人識別)
・観る場合は毎回オンデマンドで配信。
・観るための受像機は、携帯端末であれ固定機であれ自由


個人的な趣味としては
ユーザー無視の背景を知っていると、正直BDには行きたくないのでHDなものの購入事態当分スルー。でもHDで販売されるものについてSDも買いたくないから一切スルーの方向かな?ある意味お財布にやさしい決着になったような(笑

もう卒業しろということなのか!?

このままDVDの時代が続いて、BD飛ばしてホロに行ってくれるのを期待していたんですけれど;-P


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ