あやさとのこころ |相模國 お宮巡り
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月06日 [01:40] 歴史関係 

相模國 お宮巡り

1月5日 三が日は過ぎたとはいえ、最初の土日
まだまだ人は多いかな?と思いつつ
好天に誘われて知人と 相模の國の一宮から四宮まで巡ってきました。

最初は

相模國 一宮 寒川神社
サムカワ というと 寒エロイ人が浮かびますがそんな人は脇に置いておいて相模國の一宮サムカワ神社です。相模線は宮山の駅を降りた段階で、さすがの一宮 相模有数(筆頭はまぁ鶴岡八幡宮になってしまのですが)の大社だけあって人が多いです。ああ、これから初詣に向かうんだなという感じが漂う人の多さ。それは写真からも伝わるでしょうか?
寒川神社 ねぶた 寒川神社 本殿
ねぶたも今年はしっかりとネズミを抱えています。出店も多く、まだ正月の祭という雰囲気で楽しいです。そういうお店で喰い歩く年ではなくなったのですけれども。
しかし、相模線は寒川神社という大社を抱えているのにも関らず終夜運転をしません。どうするのかな?と思っていたら、社の行事として零時から八方除祭、引き続いて元旦祈祷祭、午前6時 歳旦祭、引き続き末社歳旦祭と続いています。2年参りしたら、ここまでいるものだったりするのでしょうか?
甘い人が二年参りするにはきついので、こう三が日が過ぎても人が多いのかも??
お守りを購入 八方除守

次にお参りしたのは近い順ということで。

相模國 四宮 前鳥神社
これで『さきとりじんじゃ』と読みます。
四宮ということで、規模はそう大したこと無い小さなお宮かな?と思って参りましたが、いやはや相模の国のと式内社ともなればさすがでした。小野神社が小さかったのは多摩川の度重なる氾濫での遷社の多さが問題だったということでしょうか?
前鳥神社 鳥居 前鳥神社 鳥居 前鳥神社 本殿
いやはや立派でした。社内に神戸(ごうど)神社や奨学神社があり、強く学問の神であることをアピールしている神社でした。御祭神が菟道稚郎子命 (うぢのわきいらつこのみこと:修学・学問の神様。 我が国で初めて中国からの典籍を学ばれました)とあれば当然でしょうか。
お守りを購入 学業守

そして次に行ったのは

相模國 二宮 川勾神社
これで『かわわじんじゃ』と読みます。
正直な感想としては、意外と寂れているなという感じ。場所自体結構寂れた所にあるのでしょうがないのでしょうが、先に四宮 前鳥神社を観てきたのでちょっと意外な印象。もっとも過去の経緯 時代があるのでしょうがないのですが、栄えた街との距離から来るものもあるのでしょうね。実は相模國国府祭六社の中で唯一自前のホームページが無いところだったりします。
川勾神社 川勾神社
場所柄としては、こんな感じの所にあります。社殿によると相模の國が昔 相武と磯長の二つの国に別れていたときの磯長の国の一宮だったそうです。そして国が一つになる時に一宮を寒川神社に譲ったとのこと。国府祭の儀式座問答で寒川神社と一宮の地位を争う由来なのでしょう。本殿に上がったあとの印象は古社という雰囲気です。人もそれほどおらずしっとりとした雰囲気。
川勾神社 川勾神社
御祭神は磯長の地を開拓した神とのことですが、お守りやら御神籤は、神木に由来したのか縁結びを強く主張されておりました。
ということで
お守りを購入 縁結び守
 普通のお守りが二つくっついた形になっているお守りでした。
ぶっちゃけて 小野神社で引いた御神籤、鷲宮神社で引いた御神籤 寒川神社で引いた御神籤
 全て今年は縁が無い と言うことらしいのですが(大笑
唯一ここで引いた御神籤によると 親や親戚に相談すれば恋愛ができるそうな・・・・・するか!!
ま・・・4回引いて 小吉 末吉 末吉 小吉
 凶を引かないだけマシという運だったりした訳ですけれども。
 今年の運勢は・・・・

そして 最後にお参りしたのが

相模國 三宮 比々多神社
『ひびたじんじゃ』と読みます。
社殿で神武年間(紀元前2600年代)に鎮座とされる神社は多くありますが、ここも神武6年ということになっています。ホームページによると実際は1万年前まで遡れる、祭祀遺跡だということで、遥かに気宇壮大ですね。社殿自体は戦禍に何度もあっているようで、歴史ほどに遡れる訳ではないですけれど。
もっとも相模の宮はいずれも延喜式の式内社 これだけで平安時代には既に記録されている証拠。さらに天平年間までは確実に遡れる歴史のある神社には間違いない所だったりはします。明治神宮やら鎌倉宮やら湊川神社やら明治に生まれた神社に比べると歴史が歴然だったり・・・・歴史と 現在の神社の社殿の規模と関係が無いいい証拠でもありますが。
比々多神社 比々多神社
比々多神社 比々多神社
狛犬の様に両側に飾られていた、今年の干支の鼠さん。
お守りを購入 交通安全守
後からホームページで確認しましたが、正解の模様^^)V

それから 国府祭 六社めぐり

こんなものがあったらしいです。
 せっかくなら・・・・・・ ぬかったぁぁぁぁぁ





Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ