あやさとのこころ |次世代DVD戦争
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月10日 [22:45] 時事雑考 

次世代DVD戦争

PS3の活路とされるBlu-ray Disc。実際はBlu-rayの若干の優勢はPS3に標準搭載されたことであり、逆ではない。このBlu-rayの勝利により、DVDの時のPS2様になれれば良いのだが、そもそものライバルのXbox360は次世代DVDを外付けにしており、自在な選択肢があるわけです。
Xbox360もBlu-ray採用の可能性。
偏にはメリット足り得ない。MSが両対応ドライブなんてのを、適切な価格で出してきたら立派に勝負になってしまうでしょうし。

もっとも2規格の戦いに対して、Seagateはこんなことを言っていますが。
「勝者はBlu-rayでもHD DVDでもなく、ハードディスク」--シーゲイトCEOが発言」
全体的に言ってることは同意です。しかし。
「簡単に手にはいるなら、人々は質の悪いコンテンツでも見てしまう」とDouglas氏は語った。 これはどうかw YouTubeやニコニコ動画の全盛が物語っていますけれどね。

それにBlu-rayの優勢によってWarnerが動いた・・・とありますが
実際にはこんな記事もあります。
【CES】なぜWarner社はBlu-ray支持に回ったのか,2007年の次世代DVD戦争を総括する
ま Warnerのコメントがないし、個人的には金が動いたと思っていますけれど。
日本で思われているほどの差は無いということですね。

次世代DVD戦争はまだ続く――小売店の見解
Blu-ray優勢に傾いたとみられる次世代DVD戦争だが、小売業者は「完全に決着が付くまでは消費者は様子見を続ける」と考えている。(ロイター)

先に書きましたが、Paramountについて東芝がお金をという話がありましたがWarnerについても同じ可能性は高いと考えています。
日本では既得権益層が強すぎて、無い未来かもしれませんが世界的にはCATVだったり個々のローカルが強く、またPPV(ペイ・パー・ビュー)が一般的なだけにVODの普及も早いでしょう。
Xbox Live! のマーケットプレイスのVODをWindows Live! にも拡大してきたらそれは結構な力になるかもしれません。それこそ、Seagateの思惑の通りに。

それでも 日本は世界に取り残されるのでしょうけれど。


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ