あやさとのこころ |BIOSHOCK
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月09日 [00:56] ゲーム関係 

BIOSHOCK

BIOSHOCK
アメリカで望外のヒットとなった、BIOSHOCK。世界観が中々独特で魅力なのですが、FPSであるということ。世界観が独特なだけに、全部理解出来ないと楽しさが半減ではないか? 
妙な日本向け修正が入って、演出が穏やかになってしまうのではないか?
という思いからスルーするつもりで下が、次の情報で方針変更です。

日本語版のローカライズに当たっては、オリジナル版の魅力を100 %生かすために、ゲーム上での改変は一切なし。ストーリーを進める上で重要な情報を漏らさず得ることができる完全日本語吹き替えでの登場 (※日本語字幕表示、非表示の切り替え可能) です。

Gears of War にしろ DEAD RISING にしろ、かなり国内版はマイルドになってしまっていただけにオリジナルのまま というのは一つの魅力です。
箱のマーケットプレイスで配信されていた動画から、日本語吹き替えは期待していましたが、修正も無しで来ると言うのは、予想外。
妙な修正によって、かえって違和感が出るのは勘弁願いたいですからね。
背景
■ 海底都市「ラプチャー」に渦巻く謎と恐怖
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地上世界の法律や規制にとらわれず、人々が思う存分研究活動を行うことができる理想の楽園、それが海底都市「ラプチャー」だ。1960年、大西洋沖での飛行機事故で、奇跡的に生存した主人公ジャックは、偶然ラプチャーへの入り口を発見する。導かれるままラプチャーへと足を踏み入れたジャックは、かつての楽園が崩壊している現状を目の当たりにする。そこでは、遺伝子物質 "アダム" を巡り、奇妙な生態系が作られていた。あなたは閉ざされたこの海底都市から無事、脱出することができるだろうか?

▼ ゲーム詳細ページ

BIOSHOCKBIOSHOCKBIOSHOCK


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ