あやさとのこころ |iPhoneの購入のススメ
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月13日 [01:35] 時事雑考 

iPhoneの購入のススメ

iPhone 3Gの国内販売が発表されたから1週間とおかずに発表された発売日 7月11日、そして価格 199ドルor299ドル。主導権を完全にApple側が握っており、AT&Tが早々に価格を発表したのはSBの孫社長としてもかなり頭の痛い所でしょう。普段であれば嬉々として本人が発売日や価格等の発表をする所なのに、矢継ぎ早に情報を公開するAT&Tを尻目に口が重いのがその証拠。

これは単純にプランに要因があります。
国内でもdocomoのひとりでも割、auの自分割は2年契約が前提になります。それに対して、ソフトバンクの売りである『ホワイトプラン』はこの縛りがない。ソフトバンクでの縛りは、スーパーボーナスによる端末代金の割賦による違約金となります。だからこそ、ヤフオクでの新端末の販売禁止等の特殊な対応をする羽目になっていますし。
ここで効いて来るのが、海外で大々的に端末代が199ドルと宣伝されてしまったこと。あの価格はAT&Tの販売奨励金込みの価格な訳ですが、そんなことは価格発表みたいに大々的に報道してくれません。世間は iPhoneは199ドルと認識したのみな訳で。妙な価格設定にすると、ソフトバンクは高い!! という悪い印象のみが残ることとなります。

2年契約というオプションを持たないソフトバンクとして、どのようなプランで端末だけ購入を阻止するのか?が重要なポイントになります。例えば、販売方式をスーパーボーナス適用の割賦24回のみというのも一つの選択でしょう。その場合もこのスーパーボーナスが癌になったりする訳ですが(笑
スーパーボーナスを使うとホワイトプランだけですら 980円*24回=23,520円となります。これで199ドルより高い。現行一番スーパーボーナスによる割引額面の緩い製品ですら800円24回で181ドル相当。いやはやあれだけ大々的に海外では199ドルなんて報道されてしまったのは、孫さんとしては価格設定は本当に頭の痛い所でしょう。殆どただでiPod Touchをあげます と言っている様なものですから。

ちなみに、iPhone を買ったら一切3Gでデータ通信はしないというのがお約束です。AT&Tは30ドルで使い放題ですが、現状ソフトバンクはSmartphoneプランらしいので、上限1万円近いのですから。(これも報道でソフトバンクは高い というキャンペーンでもやってくれたらまた話は変わってきそうですが。)
なので、もしiPhoneでネットを使うのであればホットスポットで無線LANでいきましょう。

基本は『iPod Touch を割賦で買ったら無線LANでWeb機能とホワイトコールの通話が付いてきた』位に考えておくのが最強の考え方。なんせ iPod Touch より機能豊富なのに大幅に安いのですから。あちしは、孫さんの対応を生温かく見守りながら、リーズナブルだったらiPod Touchとして購入予定です(大笑


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ