あやさとのこころ |感想:もふもふっ珠枝さま!
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月04日 [02:19] 感想 

感想:もふもふっ珠枝さま!

彩里の本箱から
もふもふっ珠枝さま!   内山 靖二郎
 初読: 2008/09/29~2008/09/29
 ISBN-10: 4840124280
 Amazonで買う

好きな作品。『神様のお気に入り』シリーズの続編。
私は従来のタイトルの方が好みですね。
心機一転という事なのか、神様以外にも気に入られてるから?(笑

玉枝は家神という、個人的にすごい秀逸と思っている設定がありました。家神は家に福を招く。しかし、他の人に知られてしまうと奪われる(福が逃げる)かもしれないので、秘せねばならない存在である という設定。

これは家神という存在を、自分が(家神様が家にいない一般人が)知らない理由を上手く説明したものなっているのですが、同時に『家神の存在を秘密にしなければならない』ということで環境、人間関係がクローズドなものとなります。

ということで、もっと玉枝が色んなキャラと日常的に絡めるようにしたと言うのが今回の大きな変化点でしょうか。何にどのようになった と言うのを書くとつまらないので差し控えますが、これまでの延長には違いありません。祀られる存在には違いないので。
しかし、全般にライトな、そして主人公の女難というか、ラノベテイストが強くなった気がします。これまでの、人と相容れぬ存在という妖怪。その彼らの道理と人間の道理の違い。それを知って尚、架け橋と望むという主人公の生き方。戎であったり猫神たちの妖としての陰惨な側面も描いているというのが、なんとも言えず独特で好みだったのですが そういうのば無くなってしまっている気がします。それが残念。

これから出てくるのかもしれないのですが、なんか安易なポップな方面には流れないで欲しいなと思ってしまったりします。某偽物語の暦ハーレムみたいになるのはちょっとね




Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ