あやさとのこころ |同人活動の対価
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月15日 [00:49] 時事雑考 

同人活動の対価

「もらえるべき対価、損している作家も」――「ニコ動」発の商品化、広がりと課題
色々と書いてあります。
同人作家の貰えるべき対価を・・・・と書いてありますが これは純粋な無償の好意からではない』 というのをしっかりと理解して読む必要があります。

JASRACに委託するということは、収入を得るということですが 当然JASRACの収入にもなるということ(これを否定する気はありません ビジネスですから)。 ドワンゴもビジネスをしたい と言うのが前提にある。埋もれた才能という鴨が待っているのだから、好意的になるような表現もするというもの。

しかし、前から疑問なのだけれど カラオケや商業利用からのみ 著作権を行使し、ネットの利用 歌ってみた等の非商用の利用に対しては権利を行使しない という委託はできないのだろうか。 自分の書いた詩を当人が使用することにすら費用が発生するというJASRAC伝説があればこそ、嫌う人も出ると思う訳だ。
どちらかというと 癌は硬直した委託形態にあると思うのだがどうだろう。

まさに

権利を預けないメリットも、もちろんある。そもそも対価を受け取りたくない場合や、ネット上で自由に利用してもらいたい場合、イベントで自由に演奏したい/してほしい場合などだ。権利を預けていなければ、管理団体に規定の使用料を支払う必要がなくなり、利用してもらいやすくなる。

  に尽きるのだから。

まぁ ぶっちゃけて
商品化はそれ自体が目的ではなく、ニコニコ動画を盛り上げるための手段の1つという。「プロになりたい人をサポートする道の1つとして、商品化という道を示し、よりクリエイティブな人に集まってもらってニコニコ動画を面白くしたい」

ここは嘘ですね。
 赤字の部門がこんなことを言っている訳がない。

まぁ 要するにこの記事全部 ニコニコのプロパガンダ記事だということです。
なんか そんな記事だと思って記者の名前を見てみたら(笑


タイトルから外れているんで、最後に自分の意見 
本来同人活動の対価って 読者・視聴者の感想だと思うんですよね。少し付け加えるなら名誉欲。それを得たいから作る。 フリーソフトのプログラマーさんなんてそのものだと思います。今はもう同人活動も半ば商業化したから、それ自体も目的化しています。そういう人もいる。

初め本来の同人活動に対して、俺らが儲からないから 商業化しろ と言っている。
つまりはそういう内容だと理解しています。

Re Comments.

日本人の悪いところだよね
金を稼ぐ事を、無意識に悪い事と思う。

ビジネスでやっている以上、金稼ぎ。
皆がWinになる関係を模索する事が大事。
そんな事は社会人は殆どわかっている。

問題は、社会の仕組みを理解できていない
純粋な(というより稚気な)子供と、
偏屈なアーティストを、いかに抱え込むか。

その大義名分を貫く為に、
提灯記事を依頼する際には、
最大の配慮をお願いしているのでしょう。
2008/11/15(Sat) 22:24:56 | URL | きょこさん #-[ Edit.]
作り手にもビジネスを要求していく姿勢は好ましいとは思わないけれどね。

稼ぎたい人の入り口になるというスタイルは良いと思う。とりあえず視聴者が何かを言うのは論外だと思う。

現在の著作権の管理・運営の仕方が硬直してて ALL or Nothing になっているし 正直ばからしく感じるところもあるし。

しかし 岡田有花さんってこんな記事多いよね
2008/11/17(Mon) 02:02:14 | URL | 彩里さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ