あやさとのこころ |A Kingdom for keflings
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月21日 [22:54] ゲーム日記 

A Kingdom for keflings

アバター対応のXbox Live Arcadeのソフト。
キャラクターとして自分の作ったキャラも使用可能というなかなかシュールな感じ。
アバター対応のゲームが欲しくて買ってみたという。
ボンバーマンライブオンラインが予定しているアバター対応。
 楽しそうですよね。

自分に似せていれば居るほどシュールな気分を味わえます。
ゲーム性としては PCゲームの Black & White というか Age of Empire から戦闘要素を取り除いた感じというか。小人さんたちを教育し、指揮しながら建物を建て 国を開拓していきます。

自分でも働きながら彼らの王国を作るお手伝いをするゲーム。

keflings の王国ではなく kefligns のための王国というタイトルに偽りなし

延々と忙しいというか、放っておいても問題ないというか、
まったりとぼけ~っとするのにちょうど良いゲーム。
マルチプレイも可能なのだけれど、それも協力という(笑

何が面白いと 言いにくいんだけれど まったり楽しめるゲーム。
箱庭を自分で育てる感覚ですね。一度マルチプレイをやってみたい。
みんなが好き勝手やって混乱するんだろうなぁ(笑
やりこみだしてからが、本番なのかもしれませんな

 A Kingdom for keflings
足下でお仕事をしている小人さんを尻目に 小人さんを掴んでいる私

欠点は英語の翻訳がいい加減。部分部分で英語だったり日本語だったり。指示の名詞が英語なのに、対象は日本語化されていたりする。なんで 結構混乱します(笑

あと マニュアルというか説明は読んでは駄目です。
読むのはチュートリアルをある程度やってから。
そうじゃないと 混乱します。
 保証します。
まぁ 翻訳が手抜きなせいだと思うのですが(苦笑
 紹介のオフィシャルサイト


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ