あやさとのこころ |四月の読書:短感想 その1
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年04月22日 [23:01] 読書記録 

四月の読書:短感想 その1

横のBlogパーツである FC2 Piyoに載せているし
メディアメーカーの方により詳細に載せている訳ですが

まじめにレビューを書いてと思うと時間がかかりそうなので
週毎に短い感想でも書いてみればという次第
今回はためているので まとめて吐き出しますけれどね(笑




おと×まほ
おと×まほ (7)
 白瀬 修
 読了:4/03
3/21に購入してなので、
ちょっと手を付けるのに時間がかかりました。
なんと見事な大団円 という印象。

いや終わった訳でなく、
瀬尾編が一段落しただけなんですけれどね。
全体を通して疾走感が感じられて、
読み終わった後は後味すっきり・さっぱりという感じ。
かなり良い感じに楽しめました。



ばけらの!
ばけらの! (2)
 杉井 光
 読了:4/12
読む前に手にした最初の感想。
出したんだ。。。。でした。
正直1巻ほど楽しめるでなく、無難の一語。
ヒロインの嫉妬も判り易すぎるし、安易に見せすぎ。
ヤママヤーはまぁ 判りましたね。すぐに。
オチは杉井さんらしく奮っていましたけれど。



MIB
MIB
 柏葉 空十郎
 読了:4/12
桜田家のヒミツの作者のプロとしての第一作。
期待通り楽しめたという感じ。幾らでも続ける道はある感じですが
多分続けないだろうな と思っていたり。
Maid in Black の説明、中二病、魔法使い
さらっと流されるトピックが
後でしっかりと本編に絡むのは良くできていると思います。
モテナイ人間関係スパイラルの話は耳に痛い(苦笑
桜田家よりは人に奨めやすくなりました。
個人的にはお気に入り。





Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ