あやさとのこころ |私的録画補償金 問題
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月13日 [17:30] 時事雑考 

私的録画補償金 問題

「課金対象か明確でない」
 ――パナソニックと東芝、デジタル専用レコーダーに補償金上乗せせず (ITmedia

所謂 利権者との怪しい綱引きが続いている私的録画補償金。
不用意に妥協すると、同様に録画できるから 携帯電話、 SDメモリ などと幾らでも波及していく姿が見えるので安易な妥協が出来ないメーカーの姿も判ります。

メーカー側 JEITAの管轄は通産省。
著作権の管轄は文化庁。

まぁ
文化庁は「両社とSARVHとの話し合いの行方を見守る」とコメントしている。
なんて事になりますよね。

ここは 受益者負担原則の名の下に
経産*省*の命令で メーカーにおける徴収義務を免除し
 私的録画補償金は 消費者の直接入金とする
 メーカーは案内を同封する義務のみを負う
 消費者は購入後、該当する用途に使用する場合は
 自主的に入金すること

というのにすれば面白いと思う。
実際、
例えば、DVDレコーダーだってチューナーがオマケについてはくるけれど
自分の作品の編集用途に使う人だっている訳です。
単体レコーダーは死滅してしまいましたからね。

まぁ これが成立した日には利権者 超涙目は確定でしょうが(笑





Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ