あやさとのこころ |超時空七夕ソニック
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月07日 [23:59] Live 

超時空七夕ソニック

超時空七夕ソニック
さいたまスーパーアリーナ
入場は非常にスムースに入れる。やはり全席指定は良い。
ステージは アリーナのまさに真ん中。
普段ステージがある場所にはサブステージがあった。
件の半額チケットはこのメインステージとサブの間。
あそこは、ホントにステージみえないなぁ。

グッズを買った人に無条件に一本 青色のケミカルライトを配るので、会場が青色に統一されているのは良かった。

サブステージ上の画面にはアニメの風景が流れ、ステージで歌が。どちらを観るのも迷う。歌がジャズが交互に襲ってくる。まさに、音楽の洪水という感じ。開幕からして攻殻機動隊。ORUGAさんのハーモニーを真綾だし。マクロスFがきたらBEBOPがくるとか凄すぎる。ここで一休みか? と思うタイミングで次がきて休ませてくれない。MC? 何それ? 音楽があれば十分よね。と言う感じ。
攻殻機動隊なんて、あれを生演奏&歌で聞けるなんて、垂涎もの。
エスカフローネもやってくれるし。

生真綾凄かった。 生ORUGAやう゛ぁかった。
まぁ マクロスFも聴きたい曲は大体やってくれた。

最後手前の菅野洋子メドレー 凄かった。
そういえば、CCさくらにも真綾曲あったよなぁ。アクエリオンの例の曲も菅野さんだったっけか。生JAZZを織り交ぜて菅野ワールドが続く。
一瞬終わったと見せかけて、ワルシャワ交響楽団による交響曲ラッシュ。生でエスカフローネを連呼する合唱曲が聞けるとは思いませんでした。交響曲を終わらせたと思ったら、ワルシャワ交響楽団の演奏で、合唱によるSMSの歌だし。大爆笑でした。

締めは交響楽団をバックに、菅野さんご自身による歌。

すべてを通じて菅野ワールドを貫いた感じ。
客もJAZZ曲を拍手で迎え、交響曲を静かに聞き。客層も判ってる感じはした。

これはDVDが出たら買うな。

セットリストはパンフレットに載っているらしい。
ネタバレなんで見るな 書かれてましたが。
総じて、凄く良かった。19時開演 22時終演。
曲の途切れない、濃密な3時間をありがとうという感じ。
音楽に浸った幸福感が残る。


Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

     

    にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ